2017年12月

    1: きゅう ★ 2017/12/28(木) 04:09:46.89 ID:CAP_USER9
     人気アイドルグループ・欅坂46の長濱ねる(19)の1st写真集『ここから』(19日発売/講談社)が週間9.8万部を売り上げ、2018/1/1付オリコン週間“本”ランキングの写真集部門で1位を獲得した。

    【写真集カット】ビーチでまぶしいフレッシュボディを披露した長濱ねる
    https://www.oricon.co.jp/news/2102581/photo/9/?anc=142
     週間売上は、今年2月発売の『白石麻衣写真集 パスポート』の10.4万部に次ぐ「女性ソロ写真集週間売上部数」歴代2位となった。
    (3位は13年12月発売『小嶋陽菜1stフォトブック こじはる』の6.1万部)

     本作は今年7月、「青春」をテーマに長濱の故郷である長崎・五島列島を中心に撮影。自然体の生き生きとした表情が魅力の1冊となっている。また初の水着姿も披露しており、長濱は「生まれて初めての水着撮影は緊張と不安でドキドキしたのですが、なじみ深い五島の海に背中を押され、少しだけ恥ずかしさを忘れて楽しむことができました。心許せる場所で感情も開放的になり、今の私の全てをお見せする1冊になりました」とコメント寄せている。

     BOOK(総合)部門では、「世界一かんたん定番年賀状 2018」(10月5日発売/KADOKAWA)が、週間売上10.4万部で12/18付に続き2度目の1位を獲得。週間売上10万部超えは、同シリーズではもちろん、「年賀状作成関連本」としても2008年からスタートした同ランキング史上初となった。

    https://news.infoseek.co.jp/article/oricon_2103170/
    no title

    【【欅坂46】初週売上9.8万部で女性ソロ歴代2位か 】の続きを読む

    無題

    1: 名無しって、書けない?(東京都) 2017/12/28(木) 16:21:00.11 ID:zUXb6c0I0
    2017.12.28
    http://realsound.jp/2017/12/post-143855.html
     2017年の欅坂46は、8月に初の全国ツアーという大舞台を経験し、メンバーそれぞれの成長とグループとしての課題が見えた1年だったと言える。
    その一方で、テレビや雑誌といった各種メディアでソロとして個性を発揮するメンバーも増え、グループとしても歌番組への出演や賞レースにも名前を並べるようになった。
    2017年は音楽の枠にとどまらないマルチな活動を広げ、ファン以外からも注目を集める存在になったと言えるだろう。

     乃木坂46や欅坂46からなる坂道系グループは、AKBグループのように専用劇場を持たない代わりに、テレビ番組をベースとして活動を展開してきた。
    欅坂46の場合は、2015年10月に放送がスタートした初冠バラエティ番組『欅って、書けない?』(テレビ東京/以下、けやかけ)が、彼女たちの成長と情報を発信し続けてきたホームグラウンドである。
    まったくの素人だった彼女たちにバラエティ番組を経験させ、デビューまでじっくりとそれぞれの個性を伸ばし、テレビを通してファンを増やしていく。
    その甲斐あってか2016年は、デビューから『徳山大五郎を誰が殺したか?』(テレビ東京)でドラマ初主演が決まり、さらに12月には有明コロシアムで初ワンマン、そして『第67回NHK紅白歌合戦』(NHK総合)へも初出演を果たした。
    まさに初尽くしの年と言え、グループとしての知名度も上げた。

     2017年は個人活動が増えたおかげで、各自のキャラクターを世間にアピールできる年だった。例えば、渡辺梨加と渡邉理佐は雑誌の専属モデルとして活躍。
    自分たちの道を切り開いたのはもちろん、次に続く逸材はいないかと他メンバーにも業界の注目が集まり、グループとしての勢いにも拍車がかかった。テレビ出演においては、まず頭角を現したのが菅井友香。
    今年1月にオンエアされた『炎の体育会TV』(TBS系)で「紅白出場のお嬢様アイドル」と紹介された、得意としている馬術の腕を全国放送で遺憾なく発揮。
    同番組の密着取材で菅井の人となりが全国に伝わり、この活躍もあって馬術スペシャルアンバサダーに就任した。
    ラジオにおいても菅井は『レコメン!』(文化放送)のパーソナリティーを務めており、そのほかにも平手友梨奈が『SCHOOL OF LOCK!』(TOKYO FM)の「GIRLS LOCKS!」を担当、
    土生瑞穂が『ちょこっとやってまーす!』、小池美波が『ザ・ヒットスタジオ』(以上、MBSラジオ)のレギュラーになるなど、ラジオへの露出も増えた。そこではよりディープで細やかな情報発信を行える上、新たな交遊の輪が広がっていったと言える。

     メンバーの中でも群を抜いて活躍していたのが長濱ねるだろう。『けやかけ』のクイズ企画で「初代インテリ女王」に君臨した長濱は、そこからクイズ番組のアイドル枠として呼ばれる機会が増える。
    中でも、3月に放送されたクイズ番組『くりぃむクイズ ミラクル9』では絶体絶命のピンチから奇跡的なドラマを起こす大活躍。
    さらに翌日に放送された『ザ・タイムショック新クイズ王決定戦SP 2017春』(以上、テレビ朝日系)では、やくみつると接戦を繰り広げアイドル界のクイズキャラのポジションを獲得した。
    12月26日に放送された『超踊る!さんま御殿!!最強夫婦&コスプレ女豪華芸能人の大忘年会』(日本テレビ系)に出演した際は、明石家さんまを相手にトークを展開。
    さんまが「サイレントマジョリティー」の一節をギャグにしていたのは驚いたが、この長濱の出演が欅坂46にとってのバラエティの道を広げたはず。
    長濱は『残酷な観客達』(日本テレビ)でも、可愛らしくもミステリアスな役を好演し、ドラマ内でも大きな存在感を放っていた。
    9月にけやき坂46との兼任が解除され、欅坂46専任になった長濱は、今後個人での活躍の幅も広がるだろう。女優としての活躍はもちろん、様々なバラエティ番組に出ることで欅坂46そのものを外に発信するような活躍も期待できる。

     平手のソロでのテレビ出演は、だいたいが彼女の真に迫ろうとするものだった。
    『SONGS』(NHK総合)でSEKAI NO OWARIと対談した際は自身の悩みを打ち明け、「(大人は信じてくれないって)思ってます。全部嫌いです」と不信感を明かすほど。
    平手は他のメンバーのソロ出演と違い、内面を掘り下げられることが多いが、それでも誰も彼女の考えていることはわからない。
    平手のカリスマとして目が離せない危うい存在感は、またひとつのキャラとして確立したと言える。2017年、長濱が外に出て欅坂を広めていく存在ならば、平手は欅坂のイメージを守り、外から注目させ、欅坂を広めていく存在なのかも知れない。

    【【欅坂46】来年は個の時代?】の続きを読む

    61972ee1882aac8766117f60ea16

    1: 名無しって、書けない?(地震なし) (無能) 2017/12/23(土) 20:50:08.48
    MVP 齊藤京子
    最初ウザイと思った人が多かっただろう。
    ウザイ役をウザく演じるのは正しい演技。
    毎回のように主役級のセリフ量を貰いながら、激怒、笑い、涙など幅広く活躍した。
    中盤以降は一番真っ当な正義キャラでもあり、ストーリーにとっても大きい存在だった。

    優秀賞 柿崎芽実
    第10話の独壇場はRe:Mind全体でも特に印象に残るシーン。
    あれを演じきったのは凄い。

    最優秀新人賞 渡邉美穂
    重要な役をオーディションでゲットという触れ込みのわりに出番が少なかったが
    可愛くて凛々しいから役柄にも合ってた。
    ただ声が軽いなw
    威厳がある声ではない。

    【【欅坂46】Re:Mindを表彰しようwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ